CO-CONV サポート

文章番号19-020

ReadCache ディスク管理ツールでディスクを表示・更新したときに "変更領域マップ ヘッダのシグネチャが不正です" というエラーになって失敗することがある

公開
2019年07月05日
対象製品
  • ReadCache 5.0.0.0 ~ 5.0.0.2
  • ReadCache 4.6.2.1~4.6.4.0

概要

ReadCache ディスク管理ツールでディスクの情報を表示・更新するときに "変更領域マップ ヘッダのシグネチャが不正です (exitcode: 8)" というエラーが表示されて、処理に失敗することがあります。

この現象は、次のようなケースで、ReadCache のリビジョンを更新するときに発生する可能性があります。

  • UEFI 環境の vhd (vhdx は含まない) において、ReadCache ディスク管理ツールで管理パーティションを作成するときに、空き領域に作成するのではなく、ディスク サイズを拡張して作成していたとき
  • UEFI 環境の vDisk において、ディスクのサイズを拡張したとき

最新のモジュールに修正することで、本現象は解決します。詳しくは後述の 対処方法 をご覧ください。

詳細

本現象は、ReadCache ディスク管理ツールにおいて管理パーティションを作成するときに、パーティション テーブルのバックアップ情報を正しい位置に配置して保存していなかったことに起因して発生します。

そのような状態で端末を書き換え可能な状態で起動すると、ReadCache の管理パーティションに対して、パーティション テーブルのバックアップ情報が上書きされてしまい、管理パーティション上のデータが破損してしまいます。

対処方法

ReadCache 5.0.0.0 ~ ReadCache 5.0.0.2 をご利用の場合は、サーバーモジュールを ReadCache 5.0.0.3 以降にアップデートしてください。

ReadCache 4.6 をご利用の場合は、サーバーモジュールを ReadCache 4.6.4.1 以降にアップデートしてください。

モジュールを更新したあとに、ReadCache ディスク管理ツールで vDisk を書き換える処理 ([リビジョンを更新する] など) を実行すると、パーティション テーブルのバックアップ情報は正しい位置に移動されます。その結果、今後、書き換えモードで端末を起動しても本現象は発生しなくなります。

一度、この状況が発生したディスクにおいては ReadCache の管理パーティション内の情報が壊れてしまっている可能性がありますので、お手数ですが、次のいずれかの処理を実施してください。

  • 現象が発生しないバージョンの vDisk に戻って再度、更新作業を実施する
  • ReadCache の管理パーティションを作成しなおす (詳しくは 4.3. 管理パーティションの作成・削除 の手順を参照してください)